このブログを検索

2018-12-02

2018年12月1日 石碇月扇湖山-獵狸尖-坪林黃櫸皮寮山 快晴の展望台山と藪漕ぎの縦走

獵狸尖山頂
最近の台北近郊登山は、ほとんどの地域を歩いてしまっているので、まったく新しく訪れるのではなく、以前訪れた場所の再訪に際し、逆方向に歩いたりまたは別のルートから登るという、すそ野を広げていく感じの登山である。今回もそのパターンだ。活動中の最高峰、獵狸尖の主稜線は4年前に訪れている。その前後は、まだ歩いていない月扇湖山から登り、黃舉皮寮山を経由して下山した。

獵狸尖から北を望む、皇帝殿山とその向こうに四分尾山-五分山の山脈、左には陽明山
12月の声を聴いたが、天気が良いと暑いぐらいだ。ただ、空気が澄んでおり遠くまでの展望ができた。前回歩いた主稜線は、茅草がしっかり刈られており道の状態がよかった。しかし、黃舉皮寮山への道は、保線路から離れ黃舉皮寮山へ下っていく͡支稜にはいると、草に埋もれた道となった。最近も結構草深いところをあるいているが、それに比べてもかなりほっておかれた道であった。ほぼ自分で道を切り開いてくような感じだった。

北から南に山越え
歩行高度
台北の水瓶翡翠水庫の北側になる
景美で 666番バスに乗り終点烏塗窟へ行く
今回は、新北市石碇區の奥、烏塗窟から歩き始める。7時20分烏塗窟行の666番バスを、景美の溪口國小バス停から乗る。バスは木柵路を通り、MRT木柵駅前のバス停を通る。多くの乗客が乗ってくるが、それまでにバスは満員だ。石碇バス停で筆架山や皇帝殿山へ向かうと思われる登山客が多く降りる。のこりの車上の登山者は今日のメンバーだ。8時過ぎ、烏塗窟バス停に着く。一人バスに乗り遅れタクシーでやってくる参加者を待つ。

沢を渡り左へ、奥に月扇湖山が見える
台松炭鉱入口あと
8時20分、歩き始める。なじみの顔、ニューフェイスも含めは23名のパーティだ。このぐらいの人数になると、歩いている間に前後が開く。しかし、落伍者を出さずに全員一緒に登り一緒に下ることが必至である。進度を見て途中で後方全員がそろうのを待つことが必要だ。車道を10分ほど進み右に折れて、橋を渡り左に進む。民家のわきから山道に入る。ここは炭鉱のトロッコ道であった。以前大格門から下ってきたとき、通った道だ。5分ほど進むと右に廃坑口がある。廃棄されてもう四十年は経っているだろう。

満開の瑪藍の花
急坂を登る
8時42分、右に道が分岐する。月扇湖山への道だ。ここから急登が始まる。藍染料の原料になる瑪藍の花がたくさん咲いている。瑪藍から作られる藍染料は化学染料にとって代わられるまで、台湾の主要な輸出品であった。草の間の道を進むので、雫でズボンが濡れる。ひたすら登ること約20分、尾根に上がる。尾根上も急坂が続く。9時に少し平らな場所にくる。ここでしばし休憩し、後方のメンバーが追いつくのを待つ。

大岩壁わきの道を行く
がけ崩れを通り過ぎる
更に急坂を登る。9時18分、坂が緩くなり前方に岩壁が現れる。道は、岩壁の下端をそっていく。この岩壁はかなり長い。緩やかな岩壁沿いの道を10分ほど進み、少し崩れた場所を越えると岩壁道が終わる。また尾根上の坂道が始まる。登詰め9時58分、月扇湖山山頂(標高587m)に着く。雑木林の山頂はそこそこ広い。全員が登頂し休憩する。

月扇湖山山頂
山頂での写真
大格門古道への途中から望む月扇湖山
10時16分、急な坂を下り始める。数分で下り切り登山口にでる。ここからはしばらく舗装路を進む。数分で左に四分子古道の入り口を通り過ぎ、その先樹木の切れ間から今しがた登った月扇湖山の三角ピークが明瞭だ。10時42分、右に石段の大格門古道が始まる。先月歩いた燦光寮山.楊廷理古道と同様に四分子古道も含めて淡蘭古道の一部である。もちろん、当時はこうした古道は名前があったわけでなく、のちに車道などに拡張されずに残っていたセクションにそれぞれの名前が付けられ、その総称として淡蘭古道がある。

大格門古道が右にのぼっていく
杉林の間を行く
石段道を登っていく。杉林を通り過ぎ、10時55分大格門の峠に着く。三回目の来訪だ。少し休憩し、左に稜線を追っていく。最近草刈が行われた道は、道筋がはっきりしている。11時14分、右に北宜公路へ下る道が分岐する。前回は草に埋もれて気づかなった土地公の祠が左にある。ここが古道であったしるしだ。右に下る道が本来の古道なのだろう。稜線上のピークを越えていく。途中滑りやすい急坂を登る。最後に少し長い急坂を登り切り、11時41分、獵狸尖歩道にでる。この最後の登りの部分は新たに開かれたようで、前回は通っていない。頂上はすぐ先だ。涼亭のある広い頂上で休憩する。標高706mの山頂は今日の行程の最高点だ。

大格門の峠
前回は草の中で見過ごした土地公(有應公)の祠
草がかられた良い道を行く
獵狸尖展望台のメンバー
前回もよい展望があったが、今日もそれに劣らず広範囲の展望ができる。送電鉄塔のある東側は、一部遮られるし逆光なのでよく見えないが、抜群の展望台だ。坪林三星やその背後の峰々が思いのほか近い。せっかくの好天気の山頂、ゆっくり過ごす。12時55分、山頂を下り始める。しばらくは石段道が続く。獵狸尖は、実は車でかなり上部まで来れる。そこからこの石段道を登れば簡単に頂上に行ける。石段道から舗装路に換わり、現れはじめた茶畑の間を下っていく。10分ほどで、保線路の入り口にくる。舗装路は左にヘアピンカーブで曲がり降りていく。

展望台から見る西から南にかけてのパノラマ、左の鑽石崙から右の坪林三星の山々が一望だ
茶畑わきの舗装路を下る
保線路は、幅の広い道だ。入ってすぐ、左に廃棄された車がある。四年前と同じだ。そのさきわずかで、右に保線路が降りていく。右にとり進む。数分で左に道が分岐する。新しく開かれた道のようで、稜線道に続くようだ。保線路を追っていく。13時25分、右に送電鉄塔を見る。黃舉皮寮山へは、ここから山道が始まる。鉄塔敷地のわきから始まる道に入ると、それまでと違い草深い。それでも少し草が刈られているようだ。しかし、まもなくその形跡も消え、道筋が不明になる。マーカーリボンも少ない。

保線路を下る
尾根上を追っていけばよいのだが、草や木に妨げられるので、以前の道筋を追うのがよい。しかし、しばらく行くとその気配もなくなる。すると後方のメンバーから、補助ロープが取り付けられ、に下っていくという。少し登り返しもどると、確かにロープがあり、道のようだ。こちらを下っていく。道の跡らしきところもあるが、草が密生しわからないところも多い。強引に草の間を行く。幸いここはあまり刺のある植物が少ない。ただ、丈夫なつたが足にからみ厄介だ。

草に埋もれた黃舉皮寮汕への道
草に埋もれた黃櫸皮寮山山頂
14時10分、2011年の日付の道標がある。その後この道は整備されていないのだろう。前方に干上がった貯水池らしいものがある。深いので注意してその左側を巻く。その先少し登り返し、14時23分三角点基石のある黃舉皮寮山(標高441m)につく。山頂も草に埋もれている。基本下りでやってきたので、良かったが登りだと大変だろう。展望もなく、道がこの状態では、訪れる登山者はまれだ。

下りはマーカーリボンが多い



14時33分、山頂を下り始める。道の状態は同じような状態だが、驚いたことに結構新しいマーカーがかなり多く取り付けらている。おそらく最近、この山頂だけを往復したのだろう。マーカーが多いのは助かる。竹林を通り過ぎ、15時茶畑の角にでる。山道は終わりだ。茶畑下の舗装路を下っていく。15時11分、北宜公路の黃舉皮寮バス停につく。待つことまもなく綠12番バスがやってくる。1時間少しの乗車でMRT新店駅についた。

茶畑わきに出た、前方には坪林三星(左)や芋圓尖などの山々が広がる
緑12番バスで帰途につく
歩行距離約10キロ、休憩込みで6時間50分の行動時間である。獵狸尖主稜線道の状態はとてもよい。一部は淡蘭古道の一部でもあり、今後行政の整備も望める。4年前に歩いたと同じような稜線歩きは問題ない。月扇湖山もそこそこ歩かれているので、こちらも問題ない。レベルとしては2だ。黃舉皮寮山は全く異なる不人気ルートだ。自分で地図を読み藪漕ぎをすることになる。こちらはレベル4強だ。

2018-11-17

2018年11月16日 瑞芳烏塗窟古道-獅子嘴岩-三爪子坑山 別のルートから再訪

@獅子嘴岩、背後は九份裏側の山々(CTさん撮影)
五,六年近く訪れていなかった瑞芳の獅子嘴岩三爪子坑山を再び訪れた。五、六年もたつと、記憶は少しあいまいになるが、道の状態は全般的によくなっているようだ。今回は反対側から獅子嘴岩に上ったが、その途中の烏塗窟古道は状態がとても良かった。一方、もともと歩こうと考えていた蛇子形古道は、ネット上の記録は5年ぐらい前のもので、その後ほとんど歩かれなくなり廃棄に近い状態のようで、稜線から下っていく入り口すらわからなかった。その稜線道も草深く、このセクションはあまり歩かれていないようだった。

南から北へと縦走
歩行高度表、一番高いのが三爪子坑山
蛇子形古道がダメなので、更に稜線を進み三爪子坑山を越えて下山した。このため、当初の予定より少し時間を要した。午後から天気が下り坂という天気予報であったが、天気はもち雨は降らなかった。晴れるとまだ暑いが、秋の気持ちのよい山登りであった。

金網が立てられた平溪線にそって歩く
今日は平日、しかし六名が参加し、都合7名のパーティで歩く。7時半台北駅から出発し、今まで何度か利用した山間の三貂嶺駅で下車する。三貂嶺駅はしばらく工事していたが、完成したようだ。8時50分、駅から歩き始める。鉄道にそった道を進み、地下道をくぐって平溪線沿いに行く。以前はなかった鉄網の柵が線路沿いに立てられている。この道を歩く人が多くなったので、その対応だろう。

烏塗窟古道の分岐、右に階段を登る
急坂を登る
9時4分、三貂嶺瀑布歩道入口に来る。線路を渡り碩仁國民小學校(廃校)のわきから登り始める。最近はこの道を歩く人も多いのか、お店もいくつかできている。石段を数分上りつめると、道は平らになり山腹を進んでいく。9時21分、烏塗窟古道の分岐に来る。右に曲がり木製の階段道を登っていく。結構急な坂が続く。汗が流れる。数分で階段が終わり、土の道になる。9時35分、小休憩をとり服を調整する。

平らな道が続く
二つ目の沢越え
歩き始めてすぐ左に道を分岐する。中坑古道へ続く山腹道だ。さらに2,3分登ると道は平らになり、山襞にそって進む。道はそこそこ幅もあり、草もなく歩きやすい。9時52分、右に道標をみると少し下り、沢を越す。少し登り返し、杉林の中を行く。10時、また左に中坑古道への道を分ける。道標は電柱に取り付けられている。電柱には電線はないが、以前はここまで電気が引かれていたのだろう。下ってまた沢を越す。沢は前のより大きく、また下る途中には岩場もある。反対側も岩場だが、足場がしっかりしているので見た目ほど難しくない。

獅子嘴岩に向けて登る
獅子嘴岩山頂
岩場を登り、道は沢からのぼって尾根にとりつく。10時35分、獅子嘴岩と烏塗窟山との鞍部に来る。電柱が転がっている。ここは十字路、右に進んで獅子嘴岩へ登る。3,4分で獅子嘴岩(標高400m)につく。歩き始めて2時間足らずで着いた。展望がある山頂からは、すぐ下の基隆河の谷間とその向こうに小粗坑山から大粗坑山などの九份の山々、左(西)側は尾根が三爪子坑山へと延びている。すこし休憩を取る。

獅子嘴岩から見る基隆河の谷間とその向こうに九份裏側の山々
右端の三爪坑山へ尾根が続いている
急な上り下りが続く
11時過ぎ往路を鞍部へ戻る。ここから稜線を追っていく。登り返していくと、先ほど立っていた獅子嘴岩が、垂直の岸壁を以てそびえている。11時15分、烏塗窟山山頂につく。圖根點の基石が埋められている山頂は、以前訪れた時に比べると草が刈られてきれいになっている。樹木があり、展望はない。途中右に開けた場所から、展望ができる。小さな登り下りを越していく。結構急坂があり、補助ロープがあるのは助かる。11時38分、柴寮古道の鞍部に着く。時間は少し早いが、ベンチのところで昼食休憩を取る。この後の道では、座って休めるところがあまりない。

柴寮古道/中坑古道の鞍部
道は草深い、蛇子形古道の入口がわからない
12時17分、出発する。少し中坑古道を下り、曲がって右から来る沢沿いに進む。古い石段道で、古道の感じだ。草も刈られている。そのうち尾根にそって進む。草むらも多くなってきて、道を覆い隠す。12時38分、左に八分寮頂山方向へ道が分岐する。以前はここから左に進んだ。今日は右にとり稜線を進む。この部分は歩かれていないようで、更に草深い。右に枝尾根沿いに蛇子形古道が下っていくはずだが、道らしいものは見当たらない。そのうち地図上の分岐位置を通り過ぎる。そこで蛇子形古道はあきらめ、そのまま稜線を追っていくことにする。

稜線から五分山を望む
基隆方向を望む、手前は瑞芳の街
三爪子坑山山頂、背後に獅子嘴岩からの稜線
尾根上から、山林投の向こうに展望が利く場所がある。五分山や、瑞芳方向、そしてその遠くに基隆も見える。遠くは少しかすんでいるが、それでも展望があるのはよい。13時17分、左から道を合わせる。この先、道の状態は少し良くなる。小ピークを越し、三爪子坑山へ登り返す。以前休憩をとった少し開けた場所を通り過ぎ、最後の急坂を上りつめ、13時44分、山頂(標高536m)に着く。今日の最高点だ。樹木や茅草があるが、それでも360度の展望ができる山頂からは、平溪の山々から瑞芳の山々まで皆みえる。午前中に上った獅子嘴岩が、対面にその岩場を見せている。そこから続く稜線や峰々もある。蛇子形古道は歩けなかったが、こうした展望ができることはまた良いものだ。

三抓子坑山を下る
長い岩壁をロープを助けに下る
14時、三爪子坑山頂上をあとにする。下るとすぐに、とても長く急な岩盤の道になる。長い補助ロープが取り付けられている。岩はコケがはえとても滑りやすい。注意して下っていく。更に急な下りを行く。土の部分もとても滑りやすい。14時38分、分岐を右にとり14時48分、産業道路に降りる。

更に下りが続く
舗装路に降りる
ここから蛇子崙へ尾根道があるが、それは取らずに左に舗装路を下る。すぐ左に先ほどの分岐から降りてくる道の入り口を見る。14時54分、神像の置いてある入口から、また登山道に入る。この道もあまり歩かれていないようで、5年前より草深い。幸い最近登山隊が入ったようで、マーカーリボンがたくさん取り付けてあり、また草深いところも踏み跡がある。15時16分、民家わきに降りる。これで山道歩きは終わりだ。

草深い山道を下る

犬が吠える民家わきを通り過ぎ、少し下ると沢がある。そこで汚れた長靴や登山ステッキを洗う。産業道路をさらに下っていく。途中振り返れば、三爪子坑山がすでに高い。少し登り返し、大きな瑞慈宮のわきを下る。15時54分、産業道路を下りきり、右に基隆河の橋を越える。16時過ぎ、1062番バスのバス停に着く。メンバー四名はそのまま瑞芳駅に行き、のこり三名はそこでバスを待つ。16時20分、台北行の1062番バスがやってきた。

民家わきに降りる
背後に三爪子坑山を見て瑞芳へ歩く
数年ぶりの再訪だが、その間に道が良くなっている場所と、そうでない場所もあった。ただ、全体的には登山者が増えているので良い方向に進んでいるのだと思う。蛇子形古道は以前から歩こうと思っていた道で、残念だがまた手入れが入るまで待つしかない。今回歩いたルートだと、途中あまり状態のよくない場所もある。クラス4というところか。体力的にはクラス3だ。休憩込みで7時間と少しの行動時間だ。