このブログを検索

2018-09-21

2018年9月20日 平溪紅銹石古道-中窯尖-草濫古道 手入れされた峠道を歩く

姜子寮山主稜鞍部的草濫古道路標
今月初めに姜子寮山の北稜を觀音湖へ下った。姜子寮山山頂から駐車場へつづく登山道から北稜の道に入った際、思っていたより最近に草が刈られていた。さらに下ると右に道が分岐し、その少し先に今度は左に道が分岐している。分岐には真新しい藍天隊の道標が取り付けられている。草濫古道とある。5年前にはこのような分岐はなかったし、またこの古道の名前も聞いたことがなかった。その時は、目的地が觀音湖でありそのまま通り過ぎた。

@嶺腳車站(駅)のメンバー全員
のちに草濫古道のことを調べてみると、平溪の嶺腳からむかし水返腳と呼ばれた汐止へとつながる峠道だそうだ。地図を見てみると、確かに嶺腳から沢沿いに進む尪仔石坑古道から姜子寮山の東側の鞍部を越え、姜子寮山の山腹を巻いて汐止保長坑へ行くには、一番合理的なルートである。古人は生活のために歩くので、山の頂上などはどちらでもよく、最も楽なルートがとられる。いつから歩かれているのかはわからないが、自動車道が開通した後は、確実に見捨てられた道でもある。もちろん、もともと炭鉱で栄えた嶺腳の集落も、炭鉱がなくなりさびれてしまったことも関係しているだろう。

石門山の向こうに基隆、海上に基隆嶼が見える
今回藍天隊のおかげで通じた道は、長いこと歩かれていないので、全体の3分の2は踏跡すらはっきりしない。しかし途中石段が現れ、たしかにここは古道であったことが確認できた。古道周囲の人工杉林も、この古道がその造成に使われたのだと思う。西勢坑溪に流れ込む大小の支流を越え山腹を行く道は、道自体は魅力的だが、登山者がこの道を歩いていく必然性が少ない。主稜線の縦走路は多く歩かれているが、この道に入ってくることは少ないだろう。二、三年でまたもとの通りになってしまうのではないか。

南側嶺腳から北側汐止へ歩く
歩行高度表
今回の山行は、嶺腳から出発し、もう一つの峠道で暖暖へと通じる紅銹石古道を主稜線に登り、先に中窯尖を往復、峠に戻って主稜線を草濫古道の入口へと進んだ。峠部分からは、草がかられて間もない草濫古道を歩き、草濫から旗尾崙下の鞍部を越えて姜子寮路へ下った。姜子寮路をさらに下り、汐平公路へでてF905バスで汐止に帰った。なお、紅銹石古道は峠を越えると西勢坑古道となり、沢沿いに下って暖暖の觀音湖へと続く。

F920バス@嶺腳社區バス停
嶺腳駅の主の様な犬
嶺腳へは、台北からだと795番バスや平溪線の汽車などのアクセス手段があるが、今回は汐止からF920番コミュニティーバスで行く。山を歩き始めた数年前は、汐平公路を磐石嶺の峠を越えて平溪まで行くバスはなかった。今はF905と F920の二系統がある。F920はさらに雙溪公路の嶺腳社區バス停まで行く。実に便利になった。しかも無料である。8時過ぎに汐止駅に着き、大同路のバス停で待つ。8時25分発のF920番バスが来ると、待っていた乗客は先を争って乗車し、瞬く間に満員となる。住民優先はわかるが、行列なく乗るのは30年前の台湾に戻ったようだ。

台車道上の靈嚴寺登り口(第一歩道)
尪仔石坑古道の沢沿い部分を行く
途中で住民乗客が下車し、峠を越えていくころには空席もでてくる。9時15分嶺腳社區バス停に着く。鉄道駅のある方向に進む。9時22分、嶺腳駅につく。列車でやったきたメンバーを合流し、今日は九名のパーティだ。むかし石炭運搬用のトロッコがあったことから名づけられた台車道を歩く。ここは、もう数回歩いている。滴水觀音靈嚴寺への第一、第二登山口を過ぎ、 9:50土の道が始まる。ここから尪仔石坑古道で、今年3月に歩いた。

廃坑入り口
紅銹石古道最後の急坂部分を登る
小休憩のあと、古道を進む。沢沿いに降り、また高巻きをして進む。10時10分廃棄された機材の残る坑道入口を過ぎ、すぐに右に紅銹石古道の入口がある。枝沢左岸沿いに道は登っていく。昨年4月の道整備だが、状態はよい。次第に坂が急になるが、沢は水がかなり上まで流れている。10時46分、少し平らな場所で休憩し、最後の詰めを登る。沢沿いの道は、水が切れると最後は急になる。11時3分、主稜線分岐に来る。ここが峠だ。これから先は西勢坑古道として、沢沿いに暖暖へ下っていく。全員が峠に着いたところで、主稜線を右に中窯尖へ向かう。小ピークを越し、11時17分中窯尖頂上(標高605m)に到着する。

主稜線鞍部の峠
中窯尖山頂
稜線上の二つ目ピーク近く
今日は、稜線上は風があるものの、気温も高く全身汗まみれだ。暑い中の登りはつらい。12時過ぎまでゆっくり昼食休憩をとり、稜線の道を先ほどの峠まで戻る。そこから、姜子寮山方向に稜線を追っていく。稜線上には急な上り下りのピークがある。12時57分、二つ目のピーク近くの一本杉で休憩をとり下っていく。13時16分、下り切ると左から尪仔石坑古道から登ってくる道とそのすぐ先右に草濫古道が始まる。むかしは、左の道からやってきてこの峠から汐止へ向かって歩いていったのだろう。

草濫古道の峠入り口
杉林の草濫古道を行く
石段がある
草濫古道は、今年8月に開かれたばかりだ。数十年誰も歩かなかったはずで、まったく新しく開かれた道の趣だ。刈り取られた草の茎や、鋸で切られた倒木や枝などがまだ新しい。道は杉林の山腹をほぼ平らにトラバースしていく。13時32分、左に稜線道に上がっていく分岐がある。その先道は下り気味になる。途中、石段が現れる。ここが古道である証だ。沢音が聞こえてくる。13時55分、沢を越す。水量が多い。そのわきで休憩をとる。冷たい水が、汗まみれの顔に心地よい。

沢を越す
姜子寮山北稜上の分岐
古道を下がり気味に進んでいく。さらに沢を二か所越す。道の形がすこしはっきりしてくる。こちらは、植林などの目的で遅くまで人が歩いていたのだろうか。最後にすこし登り返し、14時31分姜子寮山北稜上に出る。ここが、今月初め歩いた時に見つけた分岐である。少しくだると、左に草濫古道が分岐していく。この部分は7月に整備されたようだ。道はくだっていく。沢を越し平らになると、14時44分姜子寮山登山口駐車場から下ってくる産業道路(泰安路)に出る。

産業道路上の保甲路入口(右のマーカーの部分)
ここから山腹道を歩く
舗装路をしばらく道なりに下っていく。数分で右に保甲路がある。産業道路は、自動車用に開かれているのでジグザグに登っていくが、山道である保甲路は直線的に進む。下っていき、また産業道路にでる。民家のまえからまた近道になる保甲路を下り、おり切ったところから産業道路を左に少し行く。姜子寮福德宮2KMと記されている大きな道標のわきから、また山腹道(學人步道)をすすむ。すぐ沢を横切り、山襞にそった平らな道を行く。15時18分、旗尾崙下の十字路鞍部につく。休憩を取る。
@旗尾崙鞍部

3月ここを訪れた時は尾根をずっと追っていったが、今日は横切る形で下っていく。20分ほどの休憩後、広い道を数分いく。牛埔大坪と記された道標わきから、今度は草の山道を下っていく。そのうち民家が現れ、山道はコンクリ舗装になる。15時52分、下り切り福德宮脇にでる。姜子寮路上に F905コミュニティーバス亭があるが、便数が少ない。姜子寮路を下っていき、16時18分、汐平公路上のバス停に着く。待つこと10分足らずでF905バスがやってきた。

姜子寮路を歩く
F905バス@汐平路姜子寮路口バス停
天気が良いのは歓迎だが、暑さがぶり返しちょっと辛かった。風が全くなければ、さらに大変だったろう。新たに開かれた古道は、歩かれなくなるとまた自然に戻ってしまう。登山人口が増えているが、この道はルートを取りにくい。昔は、生活のために常に歩かれていたが、今は余暇として歩かれるだけだ。目的が違うので、道の使われ方もちがう。要は登山者の気まぐれで決まるわけで、いつまで歩けるのか不明確だ。現在のままであれば、今回のルートはレベル3(普通)だ。体力的には、暑くなければ全く問題ない。歩行水平距離約12㎞、休憩込みで7時間の活動時間だ。

2018-09-17

2018年9月16日 陽明山系 二坪頂古道 - 鷹仔鼻尖 - 青山瀑布 日本からの友人と歩く

二坪頂古道登山口へ向かう途中で見る竹子山、左は竹里山
台北市の市街中心から眺めると北にそびえる陽明山は、日本時代に草山と称され台湾初の国立公園に指定された場所だ。戦後、草山は響きが良くないということで、陽明山と改称され台湾の国家公園になっている。陽明山の山系は、南側は台北市内からアクセスが簡単だが、その北側になる三芝や石門などの場所は、台北から行くとけっこう手間がかかる。山系の北側になる竹子山などは、軍事施設がありオフリミットであることも、アクセスを大変にしている要素だ。

960高地にて、背後に竹子山と廃棄軍事建物
今回の山域は、いままでに何回か訪れているが、歩いていないルートもある。今回はこの歩いていないセクションを歩くことが目的だ。ちょうど台湾を訪れている、日本の登山家Tさんが台北に来て一緒に歩いた。彼も日本では藪漕ぎも含めあまり歩かれていないルートを、丹念に歩いている。その意味でも重なるところがある。陽明山山系の上部は、季節風が強く吹き付けるので、高い樹木がそだたず矢竹が密生している。道がなければこのような植生部分を歩くのは大変だ。去年に藍天隊が入って道の整理をしているが、一年たつとまた密生し矢竹のトンネルをくぐって進む部分もあった。

南側の山を歩いたあと海岸へ
歩行高度
 F132バス@三芝二号倉庫バス停
出発点は三芝の二坪頂である。そこから二坪頂古道を進み、軍事施設のある竹子山すぐ直下にある應子鼻尖や960高地に登る。下って二坪頂古道をさらに進み、途中尖山湖方向へ尾根を追って尖山湖遊歩道へ、歩道を青山瀑布へ下った。もともとは、二坪頂へもどりF132コミュニティーバスの最終便で下山するつもりであったが、山道の状態が思っていたより悪く時間がかかり、間に合わないので戻らずに車道を海岸沿いの老梅へ歩いた。

二子坪の下車した場所、背後に北星真武寶殿の廟、その後ろに鷹仔鼻尖
MRT淡水駅のバスターミナルに7時過ぎに集合。すでに数名のメンバーが待っている。三芝行の860番バスで向かう。三芝までバスで30数分、F132バスは8時50分発、まだ一時間近くある。ちょっと早く着きすぎた。F132バス停は、二号倉庫という、今は販売店などに改装された倉庫のわきの部分だ。道路の反対側にも屋根のある長いバス停があるが、そちら側ではない。

內坪の養殖池、背後の鷹仔鼻尖がひときわ目立つ
用水路脇の二坪頂古道を行く
8時40分過ぎ、F132バスがやってきた。普段は地元住民だけが乗っているようだが、今日は我々が乗り満員だ。バスは三芝の街を抜け、南に陽明山方向に緩やかに登っていく。住民乗客は途中で降り、大きな墓地からさらに二坪頂へ登っていく。9時15分、約30分の乗車で北星真武寶殿の入口で石碑のある広場に到着する。F132バスは、8時50分発の便が休日にここまで運行される。自家用車でやってきた二名が参加し、今日は全員で13名だ。日本からのTさん、インドネシア人が三名、今日は筆者もいれて外国籍が5名だ。

鷹仔鼻尖登山口




昨日大型台風山竹が、台湾南方海上を通り過ぎた。上陸したわけではないが、大雨が降り北台湾も影響があった。今は雨は降っていないが、地面が濡れている。広場からは、これから登る鷹仔鼻尖が、頭に通信施設などを頂く竹子山からのびる左肩に尖って存在を示している。車道を少し戻り、右に折れて道なりに歩いていく。前方の鷹仔鼻尖が近づいてくる。9時45分、道の終わりにある数軒の集落にくる。

補助ロープの急坂を登る
道の最後にある養殖池のわきを過ぎる。そこから用水路が始まる。この用水路沿いの道が二坪頂古道だ。山襞にそって進む用水路を約数分歩く。右に鷹仔鼻尖の登山口がある。踏跡もはっきりしているので、問題ないようだ。そこそこ歩かれているようだ。用水路を渡り、登り始める。道はかなり急坂だ。途中少し休憩し、10時25分ごろ矢竹が雑木林に混じり始める。補助ロープの急坂を過ぎ矢竹だけになった道を登る。大きな石のわきで稜線上に上がる。台風なごりに風が強く吹き付ける。

矢竹の稜線に上がる、前方に竹子山まで続く尾根が見える
背丈ほどの矢竹の藪漕ぎ
風で波打つ矢竹の向こうに、大石が突き出したピーク、そしてそこから矢竹の間に進む道筋をたどると960高地の緩やかな山が見える。さらにその先には竹子山の軍施設の建物がある。背丈ほどある竹を藪漕ぎし、尾根を進んでいく。左に竹里山、その先には海が望める。10時46分、表示はないが鷹仔鼻尖につく。後方のメンバーがをやってくるのをしばらく待つ。

鷹仔鼻尖から望む淡水、三芝とその向こうの海
竹里山(左の最高部分が山頂)
草にうもれた警告板
20分ほど待った後、960高地に向けて進む。藪漕ぎが続く。靴底がはがれ、道に残っている。靴底がはがれてしまったあと、さぞかし難儀しただろう。11時28分、分岐を通り過ぎ11時43分、960高地につく。草の中には、これから先は軍事設備で立入禁止の警告板が転がっている。先に見える建物は、すでに廃棄されて使われていないようだ。背後の竹子山はちょうど霧がかかっている。

矢竹の間を下る
先ほど登った鷹仔鼻尖が見える
草深い道を下る
下り道も矢竹の間だ。こちらは、登ってきた道に比べると程度が落ちる。それでも矢竹の間の狭い踏み跡が残っているので、迷うことはない。20分ほどの藪漕ぎをすると、矢竹から抜け雑木林になる。草が踏み跡を覆い、マーカーリボンを頼りに下っていく。樹木の切れ間から先ほどの鷹仔鼻尖がすでに高い。傾斜がゆるやかになり、12時45分二坪頂古道に戻る。約1時間の下りだった。ここは豬母屏山への分岐もある十字路だ。右に二坪頂古道を進む。一年半前に通った時は、踏み跡ははっきりしていたが、あまり歩かれていないようで、道は草に覆われ、また大きな倒木が現れ行く手を塞ぐ。12時56分、沢を越える。ここで食事休憩を取る。

沢を越える、ここで昼食
二坪頂古道上の分岐部、ただ左に折れる道が見当たらない
再び矢竹の藪漕ぎ
30分ほどの休憩後、古道を進む。二か所小沢を越え、草に埋もれた長い石段を登る。矢竹が現れ、峠を越える。ここはそのまま進む古道と左に尖山湖歩道方向への分岐である。藍天隊の標識が取り付けてある場所から左には道が見えない。そのまま道なりに進む。地図を確認すると方向が違う。そこで引き返すと、尾根沿いに進む道がある。これを進む。背丈ほどの矢竹を藪漕ぎしていく。こちらも大きな倒木が邪魔をする。30分ほどの藪漕ぎが終わり、雑木林の道になる。14時19分、右から竹里山からの道を合わる。休憩をとる。

竹里山へ(右へ)の分岐部
道が良くなる
山道は、ここから俄然よくなる。道筋もはっきりしている。今まで道の状態が良くなく、通り過ぎるのに時間がかかった。このままでは17時少し前のF132最終バスには厳しい。道が良くなったので、ペースを上げて下っていく。14時51分、尖山湖步道の分岐に来る。右に行けば日本時代の軍用機墜落殉死記念碑があるが、時間が遅いので往復することをあきらめる。左に青山瀑布へ向かって進む。10分ほどで歩道わきの涼亭を見る。その少し先から急階段が始まり、高度を大きく下げる。数分階段をくだり、橋で沢を越え左岸を進む。15時19分、瀑布下のテラスに降り立つ。

尖山湖步道の分岐
階段道を青山瀑布へ下る
橋を渡る
これからだと二坪頂に戻り最終バスに乗るのは、ちょっと厳しい。バスを逃してしまうと、そこから下山するのはさらに大変だ。そこで、安全をとって距離はあるが老梅まで歩くことにする。そうすれば急ぐ必要がないので、ゆっくる休むことにする。自家用車でやってきた二人のメンバーは、車の場所まで戻るべく先に行く。青山瀑布は、よい歩道があるのでやってくる遊楽客も多い。

@青山瀑布
北17号県道を行く、竹子山がすでに遠い
30分ほど休憩し、下山を始める。もともとは通過していくはずの老梅瀑布は、往復する形になるので、スキップし青山瀑布歩道入口へ歩く。16時21分、登山口に着く。休憩後、約5㎞の北17県道歩きを始める。前半は、そこそこの勾配が続く。17時6分、六和山莊の大きな石碑を見る。振り返れば、橋の奥に竹子山が望める。約半分の2.5Kキロポストを過ぎると、道はゆるかになる。17時39分、濱海公路を通り過ぎ老梅の集落に入る。17時47分バス停に到着、数分で淡水行862番バスがやってきた。

老梅のバス停
二坪頂古道わきの角桐花
今回歩いた場所は、一部以前歩いたセクションもあるが、長い車道歩きの部分を除けば3分の2は初めてである。思っていた以上に、藍天隊が道の整理をした後歩かれていないようで、倒木や茂った矢竹に悩まされた。アクセスもよくないので、無理もないのかもしれない。これからも、またボランティアによる道整備がなければ、さらに自然の状態にもどり歩くのが大変になるだろう。歩行距離約13.5㎞、休憩込みで8時間強の山行である。今のままでルートは、クラス1から4までと、かなり程度の差がある。体力的にはクラス3、普通だ。台風のなごりで風もかなり吹いていて、天候も曇り気味だったので、その意味では楽だった。