このブログを検索

2019-06-30

2019年6月29日 烏來大桶山 - 龜山 日本統治時代初期の企業家土倉龍次郎ゆかりの場所を訪ねる

南勢溪に残る龜山発電所用ダムの遺構と背後に大桶山
大桶山は、烏來の入口に門番のように立つ山である。日本時代の台湾山岳会重鎮沼田鐵太郎が鯨の背と比喩したように緩やかなカーブの頂上を持つ大きな山容で、台北からもすぐにわかる。特に北宜公路から烏來へいく新烏公路の入り口近くからは、右の拔刀爾山と対になり烏來を守っているかのようだ。

大桶山山腹の杉人工林
2012年春に訪れて以来、ご無沙汰している。今回は、台湾統治初期に台湾に赴き、樟脳業、造林業そして電力開発の事業を興した、明治時代の財閥土倉家次男である土倉龍次郎の足跡を探るために訪れた日本の友人を案内する目的で大桶山に登った。下山後は1900年に土倉龍次郎が事務所を構え、近くに台湾初めての発電所が建立された龜山へ、途中関連の遺跡を見ながら歩いた。大桶山の山腹に広く植えられている杉人工林を見るのも目的の一つであり、山歩き自体は比較的楽なものである。

東側桂林路側から登り忠治側に下山、その後龜山へ歩く
下りが多い歩き
七張駅前バス停から新巴士龜山線バスに乗車
朝7時40分、MRT七張駅前バス停から新巴士龜山線バスに乗る。去年のほぼ同じ時期、大桶山から東に延びる稜線上の落鳳山へ向かうときに乗ったことがある。我々以外に、バスルート沿線に住んでいる住民も数名乗車する。台湾の地方自治体は、山間部など交通が不便で、民間バス会社などが運行するには経済的に引き合わない路線に無料のバスを運行している。新北市は、新巴士という名称でかなり多くの路線を運行している。実際のバスは、民間バス会社である。新北市が委託して民間が運営している。

登山口のメンバー
今日の参加者は、筆者も含めて10名だ。そのうちの二人は日本からの来客だ。実は、土倉龍次郎が120年前に、烏來龜山で興した事業についてその場を見る目的で来台された。今回の山行は、これが主目的である。龍次郎は、1900年に龜山に造林事業会社の事務所を設置した。当時は、まだ多くの原生クスノキが多く生え、それを切って樟脳を作り、跡地に杉を植林した。前年に300年の期間で借り受けた土地は、南勢溪とその主要な支流后桶溪の流域を含む膨大な山野だ。この土地は、当時はまだ原住民泰雅族(タイヤル族)の領域で、日本統治政府は有効な管理はまだできていない蕃地である。事務所設立当時は、原住民による襲撃もされている。そうした中、造林事業を展開するには、当然龜山近くから手を付けているはずで、その意味では大桶山の斜面などが初期の造林対象区域ではないかと思われる。

対岸の直潭山を望む,右は大粗坑山
小沢を過ぎる
バスは新店までの途中でさらに乗客を載せ、20名定員満員になる。龜山から桂山路の山道を登っていく。途中で住人の乗客はすべて下車し、我々だけになる。大桶山の登山口へ向かう道へ入る。バスは普通はここで引き返すが、親切なことに小型バスがいけるところまで載せてくれる。8時半、住宅がある場所で下車する。支度をして歩き始める。道標にしたがい、舗装路を少し行く。民家の下、登山の案内看板のところで、左に土の道に入り登る。民家越しに対岸の直潭山がはっきり見える。右には、大桶山から北東に延びていく大粗坑山がある。

また小沢を過ぎる
杉林を登る
山道を10分ほど登っていくと、杉林が現れる。小沢を越え、その先右に細い道を進む。杉林の間の急坂が続く。この杉林は、龍次郎の時代のものではなく、伐採され再度植林されたもののようだ。太いものでも、樹齢3,40年とのことだ。台湾でも林業がすたれたが、その前の植林だろう。9時6分、文字がかすれて見えない古い道しるべを過ぎる。そのすぐ先で、また小沢を越える。そこで休憩をとる。

尾根上の道に合流
最後の急坂を登る
今回のルートは、桂山路の登山口は標高520mぐらいで、標高 916mの大桶山山頂まで高度差は400mと少ない。休憩後さらに杉林の急坂を登る。9時24分、稜線に上がり忠治からの道と合流する。左に緩やかな道を少し行き、最後の落差150mほどの急坂を登る。ここも杉林のなかを行く。途中一度休憩し、9時57分、左に大桶山東峰,落鳳山への分岐に来る。ここから頂上へは、ほとんど平らな道だ。沼田鉄太郎が言う鯨の背の部分である。10時3分、天候観測設備のある山頂に到着する。樹木に囲まれた山頂は、展望はない。

大桶山山頂
山頂のメンバー
下山途中でTさんより杉の説明
30分ほど休憩し、往路を戻る。分岐から少し入り、東峰へ立ち寄る。その先落鳳山への道は草深い。分岐へもどり、下り始める。登ってくるパーティとすれ違う。大桶山は登山者が比較的多い山だ。下山途中、日本からの来客Tさんの杉についての話を聞く。学名Cryptomeria japonicaと称される杉は、日本固有種だそうだ。吉野杉というのは、よい木材を作るために育てられた、ブランド名とのこと。台湾で柳杉と称される杉は、日本から持ち込まれたものだ。11時21分、先ほど登ってきた桂山路からの登山道との分岐を通り過ぎる。

翡翠水庫の湖面が遠くに見える
豆腐石の道
豆腐石という説明板がある近くには、その名のように方形の石が山道に現れている。その近くから右遠くに翡翠水庫の湖面と、そのさらに奥の山々が見える。三週間前に訪れた獵貍尖の山並だ。その時は、今立っている場所を眺めていたわけだ。少し行くと、今度は左側が望める。拔刀爾山やその奥に插天山脈の山々が続く。右には加九寮溪、左には南勢溪本流の谷が深い。土倉龍次郎が借りた土地は、これらを全部カバーしていた。枕木階段の坂をしばらく下り、尾根が少し緩やかになる。その先右に四崁水山の分岐がある。少し休憩する。わきに珍しい白鶴藍の白い花が咲いている。

下り途中忠治側を望む
幅が広くなった道を下る
急坂を下り、道幅が広くなる。林業が盛んな頃は、木材の運搬に供されていたのだろう。いわゆる木馬道だったと思う。12時37分、産業道路上の忠治登山口に着く。原住民男女の像が両脇にある、特徴ある登山口だ。舗装路の地べたに座り、昼食休憩をとる。登山者のものと思われる車が二台止めてある。ほとんど車が通らず、日陰で食事をとる。持ってきたビールは、解凍していてちょうど飲み頃だ。

忠治登山口
下り道から大桶山を望む
治山工事がされた沢筋
約30分ほど休憩し、舗装路を下っていく。振り返れば大桶山がすでに高い。10数分下ってくると、台風で水が氾濫し橋が壊れた沢は、大規模な治山工事が行われていた。13時40分、忠治部落に着く。登山口から約30分だ。メンバーの中には雑貨屋で飲み物を買い、のどを潤している。さらに少し下り、新烏公路と交わる。道路を烏來方向に少し先に行ったところの忠治公園は、日本時代には桶壁駐在所があったそうだ。ここまで、休憩込みで四時間の歩き、ほぼ予定通りだ。

新烏公路の忠治派出所付近から望む大桶山
車道からダム遺構方向を望む
メンバーのうちの四名は、バスでそのまま帰る。残りのメンバーは、新烏公路を龜山へ歩いていく。普段はバスで通り過ぎていたが、今回は南勢溪にのこる龜山発電所に関係する遺構を見るためだ。休日の新烏公路は、多くの車が通り過ぎる。忠治派出所の上方に大桶山が高い。隧道口というバス停を通り過ぎ、彩虹橋を渡る。ここも台風で大きくがけ崩れを起こした場所で、新たにこの橋が造られた。その少し先で、新店區と烏來區との境を通り過ぎる。南勢溪に壊れてほぼ水面と同じぐらいにか残っていない、コンクリ構造物がある。龜山発電所へ水を取り込むために造られたダムの遺構である。度重なる水害で、ここまで壊れてしまった。

ダム遺構
曲管遺構?
車道をさらに進む。道は川から少し離れ、栗子園の脇を行く。14時40分、上龜山橋を渡り、南勢溪の左岸にわたる。左岸の岸辺にコンクリ構造物がある。おそらく先ほどのダムから引いた水を、川の下を通って対岸にひくために造られたサイホン曲管のようだ。龜山の街中のコンビニで休憩する。日陰のない車道歩きは暑い。

翡翠水庫の橋わきの道を川岸へ下り、発電所跡に行く




新烏公路をさらに進み、台湾電力訓練センターの脇を右に曲がり、桂山路の橋に来る。ここからは南勢溪が大きく曲がり、龜山の丘の向こうには大桶山の頭がのぞく。橋の反対側は、北勢溪が合流する二股だ。翡翠水庫へ続く橋のたもとの少し先には、龜山發電所があった。新烏公路へ戻り、川岸に降りる。今は土台しか残っていない発電所跡を見た後、15時41分翡翠水庫バス停から程なくやってきた849番バスで台北に戻る。バスに乗って間もなく大雨が降り出した。

土台だけが残る発電所跡
白鶴蘭
ほとんど風もなく、登りは大汗をかいた。それでも900メートルの大桶山は、気温もそれほどでなく、涼しく感じた。下山し、車道をあるくのはやはり暑い。夏の台北近郊登山は、晴れるととても暑く、覚悟しないと歩くのが大変だ。車道歩きを含めて約10.4㎞、下りがメインだがそれでも累計530mほど登っている。下りは約1000mだ。大桶山自身は、忠治からだと登りが多いが、桂山路からだとバスに乗ってくれば、少なくて済む。困難度はレベル2だ。

2019-06-16

2019年6月15日 陽明山系大屯溪古道 - 溪畔小屋 Datunxi old trail, cool hike along the stream

大屯溪 Datunxi river
9年前に台湾の山、特に台北付近の低山を頻繁に登っているときは、暑い夏でもいっていた。それから年月が経ち、こうした低山は公共交通機関で行くのが不便な場所を除き、ほぼ歩きつくした。さらに、3000メートル級の高山や1000メートルを超える中級山を登り始め、今は暑い時期は高い山に行くようにしている。6月も半ば、今年は雨が多いせいで予定の中級山行も中止になった。そこで、数日の雨のあと、予定登山キャンセルで空きができた今回、下りメインでゆっくりとした山歩きを行った。

Crossing Datunxi stream
小觀音山や大屯溪周りの山々は、ボランティアのおかげで既存の道は歩きやすい道になり、さらに新しいルートも切り開かれている。そうした新しいルートも含めほぼ全部歩いている。今回は、すべて歩いているが、沢沿いで涼しくなおかつゆっくりすごせるように企画した。週末であることもあり、筆者も含め17名のハイキングとなった。このルートは、実は2015年7月に一度歩いている。その記録はブログに載せていないが、この地域の過去の記録は日本語なので、今回は英語で記述します。

====================

Walk from south to north
Start at the higher point
If you stand in the center of urban Taipei, let's say the intersection of Zhonxiao East road (忠孝東路) and Xinsheng South Road (新生南路) on a sunny and clear day and look north, you will notice a mountain with a few communication towers on its top. That is Mt. Xiaoguanyin (小觀音山). It has a wide body with a few peaks. The highest one, the main peak has the elevation of 1,066 meters and a few radio communication facilities like civil aviation communication facilities, military radars are placed around it.

By the ruin of Yamno ie (mountain hut)
There is a paved road leading to the facilities which need maintenance and the road is for the purpose. Except this paved road, there is no official hiking trails, which you can enjoy at the other places in the Yanmingshan National Park (陽明山國家公園) to which Mt. Xiaoguanyin belongs too.  The trails are basically old trails of local people or ones that hikers have opened for their enjoyment.  One of the old trails is Datunxi old trail (大屯溪古道) in the valley and its connecting trail going over the ridges of Mt. Xiaoguanyin. That is the one we hiked this time from the high location to the bottom of the valley.

Ridge line of Mt. Xiaoguanyin viewed from near its west peak
As summer draws near, hiking over low altitude mountains near Taipei would become an endurance test of heat. I would go to mountains of higher altitude for the hot season. I planed this hike, albeit my preference for summer hiking, because a plan to go to higher mountains had to be canceled due to bad weather and a blank popped out. I could not but help to go out and hike some place easy and not so hot to ease off frustration. Datunxi old trail goes along a stream of cool and refreshing water and if we go from the ridge of Mt. Xiaoguanyinshan to the bottom of the valley, the total ascent is not that big.

Clear and cool water of Datunxi river
---------

For this hike is an easy one, the starting time is not so early. I posted in my SNS page that we would meet at 9:00 Yangmingshan bus terminus #108 bus stop. It turned out that many of the participants went earlier to the hiking start point, near Anbu bus stop (鞍部站) and only two of us show up at 9:00. We take a #108 bus and a fifteen minute ride takes us to Anbu bus stop. We walk a little over to the car parking nearby to find out many people are waiting for me.  After we have another member, who comes by taxi in another ten minutes or so, as she missed the bus, we start off for a trail that begins by the edge of the parking area. Mt. Xiaoganyin west peak and Mt. Beizhuzishan (北竹子山) are visible above on the ridge against clear blue sky, which is very pleasing after five consecutive rainy days.

The trail gets into Usawa cane bushes
Climbing in the tall canes
The trail goes down first to reach the bottom where a ruin of a hut stands. The ruin used to be a hut for hikers (山の家, Yamano ie), which was build for Datun National Park (大屯國立公園) in the Japanese era, the forerunner of the present day Yangmingshan National park. Now only stands a tall stone-piled chimney and foundations. A trail diverges down along the valley. We take a right trail to start ascending.  We pass a junction and the trail gets more grade. We get in a section of tall usawa canes (箭竹) in about twenty minutes from the hut ruin.

At the vantage point
A wide and clear view from the vantage point
At the west peak
On the steep way up, we come across a vantage point on our left. We just get up on it and a wide view spreads in front of us. Big Mt. Datunshan (大屯山) stands just there and smaller peaks of Mt. Caigongkeng (菜公坑山) and Mt. Zhentou (枕頭山) next to Mt. Datunshan like servants. The parking area where we were a while ago is down below on the foot of Mt. Datunshan.  Getting back on the trail and we keep ascending a steep incline between usawa canes for a few minutes and get on the trail going over the ridge.

Viewing the ridge of Mt. Xiaoguanyin at the junction to Datunxi valley
Going down to the valley
We turn left and soon come to the peak of Mt. Xiaoguanyin west peak. We keep on the ridge trail, passing big rocks and come to a junction at 10:35. Nice breeze blows over and it does not feel hot at all. Facing north and viewing over the valley of Datunxi (大屯溪), a long ridge extends on our right with the Main peak and the North peak of Mt. Xiaoguanyin. Usawa cane covered surface of the mountain with no forest gives you a false feeling of standing on high mountains. If you look further over the valley, you can make out the ocean in distance.

going down a steep section





The peaceful mountains and valleys here once was a battle field a century and twenty years ago. After Japanese took over the island in 1895, resistance organizations fought with the Japanese force. One of the resistance groups led by Jian Dashi (簡大獅) lost their battle and  fled to the hills and valleys of Yanmingshan area, which was remote and not easily accessible at the time. Bones of unknown men were discovered in Qiedongkeng (茄冬坑), a valley just beyond the ridge next in 1930's when a gold mining boom brought miners there. The resistance fighters might as well have come in the Datunxi valley for hiding.

Passing a small stream on the leveled-out section
Junction of two trails coming down from the ridge
At 10:54 we start decent on a steep trail down to the valley. We pass several sections with ropes. Rain soaked mud surface is pretty slippery. You grab tall canes on the side and carefully go down. In a half hour the trail gets level and goes along the slope side, passing two small streams.  We come to a site of abandoned charcoal kiln. Local people used to make charcoal in the mountains and the trails were opened for such purposes. We keep on the flat trail for another ten minutes and come to a junction at 11:44.

A merging point of two steams
The sound of water is now loud. We go down to the merging point of two streams. A group of hikers walking in front of us have rest there, while we keep on our way down. We see a water fall down in the valley on our left. Water is plentiful as a few days rain is now flowing down. Water flows down over some sections of the trail, where usually no water is running. We come to our resting place at 12:00. This is a flat area just by the stream and a little water fall, a very nice resting place for rest.

Flat place by the steam for lunch break
Two members bathe in the cool water
We have a long lunch break. I take out a stove and boil water for refreshing coffee, which is rather rare in my hiking activities. Two of the members jump into the pool next to our resting place. They say water is very chill. Well it must be so. We resume our hike at 13:00, one hour later we came here.

Stream crossing
The valley gets wider
The trail crosses the stream several times.  The water is rather deep and we carefully cross it. Wellington boots are very handy for such crossing. The trail goes from the left bank to the right bank and back again as we cross the stream.  At 13:08 We pass a junction for climbing back to the ridge by Qingfengling peak (清風嶺), which you go up by a very steep incline.  As we go down, the valley gets wider. At 13:36 we come to a junction and take left.  If you keep on the trail by the main stream, you will come out to Sanbanqiao (三板橋). We will head for Xipan hut (溪畔小屋) on Xiaotang old trail(燒炭古道). This trail is much grassy and narrow. Obviously fewer hikers take this route.

We take left at this junction
Going by a small canal
The trail goes high above the left bank of Datunxi river. After seeing a small canal for agricultural irrigation, we come out to an open filed. It leads to a paved road below and we come out onto it at 13:54. Checking my map, there should be another trail leading to Xipan hut (meaning a hut by a stream). I go back up to the trail and find a narrow path leading to the woods on my right. We start ascent on this trail for about 10 minutes. After it levels out, a junction shows up and we take a right trail down. If you keep on the ridge trail, you can go back to the west peak where we were in the morning. The trail goes by abandoned rice terraces and reach the hut after passing another junction.

Going by an abandoned terraces
Xipan small hut
After a 20 minutes of break at the hut, we begin the last leg of our hike at 14:35. We first cross a stream of big volume water. Luckily there are big rocks in line above water, and no one needs to get boots wet. We follow a weedy narrow trail for a while and get onto a wide dirt road, which is also weedy. It climbs for a while and then goes down. It turns to be a paved road and we come out into a village of Caigongkeng (菜公坑) at 15:00. The peaks of Mt. Zhengtou and Mt. Honglushan (烘爐山)are now pretty high. The were below us when we were on our way up to Mt. Xiaoguanyin. We follow paved roads down, taking a few turns and reach Beixinzhuang (北新庄) bus stop at 15:30. Our #875 bus to MRT Danshui station (淡水站) will come in forty minutes.

The last stream crossing
---------

The activity lasted 6 hours, in which more than two hours were rest and break. The total distance was 8.7 kilometer with 400 meter aggregated ascent and 1000 meter descent. It was a fairly easy hike. We sweat on our way up the hill, but it was not that hard. We feel breeze and the temperature in the valley was comfortable. The water was even chilly. The trails are clear except the last part. If you only follow Datunxi old trail, it is an easy hike. I rate this route level 2 out of max 5.

Mt. Zhentou (left) and Mt. Honlu viewing from Caigongkeng village