このブログを検索

2019-03-31

2019年3月30日 東北角貂山古道 - 牡丹山 - 十三層遺址 金瓜石の黄金遺跡を訪ねる

金瓜石の街を見下ろして下る、基隆山は頂上に雲をかぶっている
今月初めに九份の黄金関連の遺跡を訪ね、ゴールドラッシュ盛衰の史跡を自分の目で見た。今回は、ゴールドラッシュ地域の残り半分、金瓜石の遺跡を訪ねた。この二つをカバーすることによって、台湾の北東部での黄金に関する歴史遺跡をカバーした。自分としても、いままで何度も訪れている場所を、黄金というキーワードでまとめて歩いたことになる。
@金瓜石(黃金)神社跡
今回のルートは、雙溪區牡丹側の鉱脈の発見に絡んだ伝説のある貂山古道から登り、最近また草刈がされて登りやすくなった牡丹山を往復、その後金鉱関係の集落があった百二崁古道,露天掘り鉱区のあとである地質公園をへて金瓜石へ下る。黄金神社を見たあと、黄金博物館から旧トロッコ道を進み六坑斜坡索道をへて十三層銅精錬場遺跡へ下った。すべてが、黄金の採掘や精錬、そしてそれに関連した人々の生活に関係した場所だ。

南から北へ峠を越えて歩く
歩行高度表
基隆山を南北に通る線で分け、西九份と東金瓜石に採掘権を分けた
F812バス@雙溪駅前
台北は前日の晩に雨がかなり強く降っていた。しかし、天気予報では降雨率は10%だ。天気予報のレーダー図を見ると、雨雲は去るように見える。そこで予定通りに出発する。自強号特急で向かう。7時18分、時刻表通りに雙溪駅に到着。今日のメンバーは12名だ。天気が良くないので、参加者は事前に表明していた人数よりは少ない。8時5分まで待ちやってきたF812番新巴士で終点の十三層大樹バス停に行く。十数分の乗車で終点に到着。牡丹駅から歩いてくることもできるが、その場合は1時間以上かかる。
古道入口
コンクリ階段の古道
地面は濡れているが、雨は降っていない。8時25分、行程の説明をして歩き始める。去年秋に燦光寮古道を歩いた以来だ。数分で分岐に来る。貂山古道は左のコンクリ舗装道だ。昨年も訪れているが、その時は雨であった。空は暗いが、雨が降っていないのは幸いだ。つづら折れの道で高度を稼いでいく。8時45分、古道探幽の文字が刻まれた石碑がある登山口にくる。民國88年(1999年)の日付になっている。すでに20年だ。小休憩する。

無緣之墓
濃霧の向こうに峠
貂山古道はほとんどの部分が、コンクリ舗装で階段もコンクリ製である。9時に無緣之墓にくる。明治35年(1902年)の日付が刻まれた墓石は、ほかには記載はない。言伝えによれば四つの話があるが、すべて1898年にこの谷で発見された金脈に関するものだ。死亡した許婚の消息を訪ねて訪れた日本女性が、風雨にあい命を落としたことを弔ったという話や、派遣されてやってきた日本鉱山技師が、現地の女性と知り合い結婚を親に承諾を得るため日本に帰国中に女性が死亡し、それを弔うため、また二人の技師がこの地でやってきたが、苦労がたたってそのうちの一人が死亡、その死んだ場所がまさに金脈であり、運命のはかなさを嘆いて立てたという話など、である。すでに100年以上が過ぎ、どれが本当なのかは知る由もない。この地のゴールドフィーバーがもたらした悲劇ではある。

峠の土地公、後の小高い場所に新しい仏像
広く草が刈られた稜線道
沢沿いの道をさらに登っていく。霧が濃くなる。沢音が小さくなり、山腹をまいて高度を上げる。9時28分、鞍部につく。車が停まっている。おそらく登山者のものだろう。右にある土地公の上に、仏像が立てられている。以前はなかったものだ。牡丹山へ向けて、歩き始める。樹梅坪と呼ばれるこの辺りは、山が削られて平らになっている。露天掘りで山の形が変わってしまっている。上部にある送電鉄塔のための保線路を登る。急坂で高度を稼ぐ。鉄塔のすぐ近くから稜線道が始まる。草がかなりの幅で刈られている。最近、藍天隊による手入れが行われたからだ。数年前に訪れた時もちょうど手入れされた後だった。9時49分、牡丹山山頂(標高660m)につく。草は広く刈られているが、濃霧のなかで展望はない。

@牡丹山山頂
鞍部の道標
百二崁古道の茂風集落跡を行く
土地公
蜘蛛網の水玉、遠くは基隆山
往路を下り、鞍部へ戻る。小休憩のあと、百二崁古道を下る。数分で、茂風の集落跡にくる。ここも、前回の小粗坑集落あとと同じで金を求める人たちがやってきてできた集落だ。金鉱事務所もあったということだが、今は廃墟である。ほかの集落跡に比べると規模は小さい。海に面したこの地は、谷あいで水があるが、海に面していて季節風の影響が大きく、居住には条件が厳しいと思われる。石壁だけが残る住宅区を抜けてさらに下ると、土地公の祠がある。土地公の左壁には、「民旺土生金」とある。数十年前は確かのその通りだった。短い百二崁古道は、20分ほどで下り切り102号道路を少し歩いて、10時47分地質公園の入り口に着く。トイレもある入口駐車場で休憩をとる。

地質公園入口、背後の建物はトイレ
露天掘り跡地
地質公園に向けて道を登っていく。小石が敷き詰めらた道は、以前は鉱石などを運搬する作業道だ。つづら折れで高度を上げる。低い雲が背後の山の頂を覆っているが、霧が晴れてきて、基隆山や金瓜石、その先の海が見える。ここから望む茶壺山は、まさに柄のない急須だ。11時16分、地質公園のコアである、露天掘り跡にくる。今は、黒々とした岩が露出する谷は、数十年前は露天掘りが行われていたところだ。トレールランナーが何人も過ぎていく。台湾も最近はトレールランニングが流行りだした。

地質公園近くから見る基隆山から茶壺山へのパノラマ
階段道を黄金神社へ下る
道をさらに進む。戰備道から降りてくる道と合流し、左に急な階段を下っていく。11時34分、金瓜石神社跡に着く。食事休憩を取る。基隆山の頂上を通る南北の線を境に、1896年に西側は藤田組、東側は田中組に鉱掘権が与えられた。西側の藤田組は、その後顏ファミリーの台陽公司に引き継がれていくが、その権利をまた貸しすることで金が採掘された。一方東の金瓜石は、日本でも鉱業に携わっていた田中組は、自ら採掘を行った。朝に通り過ぎた貂山古道では、日本人技師に絡む無緣之墓があるが、まさに田中組が自分で採掘するために呼んだことが関係している。

神社のやしろがあった場所から地質公園方向を望む
神社から黄金博物館とそれから延びる旧トロッコ道を見下ろす
神社から灯篭が残る旧参道を下る
田中長兵衛の田中組は鉱区の権利を入手した後、採掘を始めるが1898年に事業の安全と発展を願い神社を設ける。田中組の鉱山事業は、順調に発展する。1904年に主要な(金瓜石)本山鉱区で銅鉱も発見され、その後水湳洞に銅精錬場も設けられ、金銀だけでなく銅生産も拡大する。しかし、第一次大戦後の不況で運営に問題をきたす。後宮信太郎の日本礦業株式會社(現在の日鉱金属の前身)が1933年に引き継ぎ、経営を行う。次第に過日の繁栄を取り戻し1938年の最盛期には日本のみならずアジア一の金山として栄え、金瓜石には八万人の住人がいたという。金瓜石(黄金)神社は1936年に拡張され、現在の広さになった。戦後社は壊され、今は台座、鳥居や柱、灯篭しか残っていない。毎年、山神祭りが盛大に行われたそうだ。

旧トロッコ道から金瓜石を望む
ケーブルカー上部から下部を望む
レールが残るすれ違い部
金瓜石神社はいまでも、多くの遊楽客が足を運ぶ。12時10分、神社から降りて黃金博物館に行く。少しの休憩後、昔トロッコがあった平らな道を行き、勸濟堂の上部から先の駐車場へ向かう。駐車場の終わりには、六坑斜坡索道(ケーブルカー)の上部建物の廃墟が残っている。日本礦業による操業は、戦後これら資産を接収した国民政府が引き継ぎ、台灣金屬礦業公司(台金公司)が設立され運営されていく。過日の活気を取り戻すが、次第に鉱石産出量が減少し、最終的には1987年に操業を停止する。ケーブルカーは、そうした長い年月にわたり人や貨物を運んできた。現在はところどころレールが残っている直線的な急坂だ。

茶壺山を上に望む、右に廃墟
トロッコ車輪がころがっている
前回歩いたときに比べると、草が多く茂っている。滑らないように注意し下ること11,2分、下の駅があった石積の部分に着く。全員がおり切るのを待ち、階段を下って右に折れる。左に行くと映画で一躍有名になった、無言之丘に続く。右は十三層銅精錬所への道だ。右にレンガの建物がある。中にはトロッコの車輪が転がっている。さらに道を進む。分岐があり、右はトンネルへ左は山腹の道だ。前回はトンネルを抜けたが、今回は左に進む。精錬所から有害な煙を流すための山肌を張っていく煙突が右側から降りてくる。すでに壊れてしまった煙突の下を行き、つづら折れに道を下る。すると、出口にはフェンスが張られ門は閉じられている。最近、この辺りは有害地帯として、フェンスで囲われてしまった。そこで、苦労してフェンスの外に出る。

基隆山を対岸に見る、手前のピークは無言之丘
壊れた煙突
山腹をはって登る三本の煙突、茶壺山が見える
フェンスが出来ている
道を右に少し登り、十三層銅精錬所にくる。驚いたことに、以前は問題なく入れたこの建物も、フェンスで囲われ立入ができない。先ほど道が分かれたトンネルも、入り口がふさがれている。登山者は、この辺りは自由に歩けなくなってしまった。十三層銅精錬所は、日本礦業が引き継いだ後に建てた新しい精錬所で、そのすぐ下まで鉄道が敷かれた。今は瑞芳から深澳まで再開されている。道なりに長仁社區へ下っていく。集落内にある長仁山へ立ち寄る。頂上からは、左に十三層銅精錬所遺跡、基隆山が近い。海は濁った陰陽海だ。少し休憩する。

長仁山から望む、十三層遺跡、基隆山とそのふもとに水湳洞
陰陽海、沖には基隆嶼が浮かぶ
20分ほどで基隆駅行の791番バスがやってくるので、濱海公路へ向かう。地図上の一番近い道は、進むと囲いがあって途切れてしまった。そこで少し遠回りして降りる。14時2分、船塢バス停に着き、数分でバスがやってきた。14時45分、基隆駅前に到着し、これまた都合よく待つこと数分で区間電車が発車した。

濱海公路のバス停に着く
前回九份の黄金遺跡巡りと、今回の金瓜石黄金遺跡巡りで、主要な100年にわたる黄金にまつわる歴史史跡を歩いた。二回とも参加したメンバーは、大まかな像がつかめたのではと期待している。日本からのビジターも、二回のルートを巡ることで、単なる九份老街観光で終わらず意義深い旅ができると思う。山歩きの経験があれば、難しいことはない。歩行距離約10㎞、累計登坂670m、5時間半の歩きである。


2019-03-28

2019年3月27日 三峽白雞山 - 牛角尖縱走 不人気山を歩く

桜の向こうに白雞山
三峽の白雞山は2011年に初めて訪れたあと一年半後再度訪れ、その後は全く足を踏み入れていなかった。今回は白雞山から熊空山に延びる稜線上にある峰を追っての縦走だ。白雞山とそのすぐ隣の雞罩山は、多くのハイカーが登る人気ルートだが、その先はほとんど歩かれていない。稜線近くまで開発されていたり、尾根を横切る県道があったりして、開発が進んでいるが、その割に稜線の道は人気がない。縦走の記録はあるが、古かったり部分だけだったりする。
北側の白雞からスタートし、南の插角へ下る
歩行高度表
以前から、この稜線を歩くとを考えていた。最近、白雞山まわりの道の手入れがされたことを聞いた。そこで、今回の山行となった。実際に訪れてみると手入れされた部分は
縦走路とは関係ないところで、草に埋もれた道が続いていた。普段使用する、オフラインのスマホGPSアプリの地図は、農道や産業道路など現地の道の状態を十分に表しておらず、結果としてそちらをたどっていけば行けたが、道探しで1時間ほど余計に時間を費やしてしまった。そんなことで、目標だった紅面龜山まで歩くとができなかった。

MRT高架橋工事が進行中、台北大学バス停
三峽は、台北付近では急速に人口が増加しているベッドタウンである。しかし、MRTなど鉄道によるアクセスがない。現在は第三高速道路を経ていくバスで向かう。現在高架橋工事が進行中で2024年開通予定のMRTの下にある台北大學三峽校區バス停で下車し、集合場所の三峽一站へ少し歩く。8時15分に着くと、すでにメンバーが数名待っている。ちょうど白雞へ向かう778番バスがやってきて、みんな乗車して先に行く。集合時間は8時半なので筆者はほかのメンバーの到着を待つ。さらに3名が現れ、8時40分発のバスで白雞へ向かう。

三峽の市場で買い物をして帰る乗客でバスは満員だ
橋や地図が設けられている登山口
もともとのトロッコ線路道を歩く
9時10分過ぎ、白雞バス停から歩き始める。筆者を入れて12名だ。天気も良く、温度もまだ高くなく、登山にはよい日和だ。すぐ左に行修宮の大きな廟をみて坂道を登る。その先禪光寺は左への道標看板の分岐は直進していく。9時22分、右に沢を越える橋がある。数年前に訪れた時は、まだなかった橋だ。橋のたもとには道標や地図も設けられている。政府による登山道整備が行われている。よいことだ。橋を渡り、沢沿いの道を歩く。途中にまた橋が設けられている。この道は、もともと上部にある炭鉱から石炭などを運ぶためのトロッコ線路である。橋を渡ったところにレールが残っている。

炭鉱事務所や坑道入口がある平らな場所
旧炭鉱の建物
廃坑口
岩を切り欠いた部分を過ぎ、9時38分炭鉱事務所やその他の建物が残る場所に来る。この辺りは草木が取り除かれて、広くなっている。以前は草木に隠れていた建物に気づく。奥には炭鉱入口もある。説明板は、昔のままだがこうして手入れされると、この地の歴史などに興味がわく。台湾の石炭は、無煙炭である。しかし、日本の炭鉱と同じように、エネルギー源が石油にシフトし、尚且つ輸入炭の価格に負け、次々の閉鎖されていった。ここの炭鉱は海山一坑炭鉱で1984年に大きな災害が発生した。同年に近くの炭鉱でも200名近くの犠牲者が発生する災害が発生し、台湾の炭鉱業の終わりを告げることになった。

上部の廃坑
道標のある小沢を越える
岩場を登る
休憩後、左に道を取る。右の道も白雞山へ続く。沢音を聞きながら道を行き、数分で別の廃坑入口前を過ぎる。そこから坂がきつくなる。10時に地図が設けられている場所で、細くなった沢を渡り、回り込んで尾根にとりつく。3.3Kとあるキロポストを見る。10時9分、ベンチのある場所を過ぎ、更に登る。10分ほどで左に道を分け、主稜線に上がる。右下に三峽の街が見える。10時30分、岩場の下に来る。ここから、ちょっとした岩場が続く。太いロープや足場が切ってあるので、難しくはない。数分の登りで坂が緩くなり、白雞山山頂(標高743m)に着く。樹木のない山頂は、陽ざしのもとちょっと暑いぐらいだ。東方向の山々がみえるが、かすんでいる。全員が登ってきた後、少し下り鹿窟尖への分岐で休憩を取る。

白雞山山頂直下の最後の登り
@白雞山山頂
15分ほどの休憩のあと、分岐を左に下る。小さな登り下りを過ぎ、11時22分、六寮崙山への道を右に分け、すぐに雞罩山前鋒(標高770m)につく。頂上の一部の樹木が刈られて展望が利く。さらに雞罩山に向けて竹林を過ぎ、11時30分雞罩山(標高780m)の開けた頂上が現れる。ここも広く草木が刈られている。谷の向こうには以前に歩いたことのある、竹坑山から竹崙山へと続く尾根がある。昼食休憩を取る。

ベンチのある分岐部
草木の刈られた雞罩山山頂
雞罩山山頂からの展望
草に埋もれた道、急坂にはロープ
12時出発する。ここからは、あまり歩かれていないセクションだ。思っていたより道の程度がよい。何かの調査が入り、道の手入れがあったようだ。新しい黄色のマーカーリボンが取りつけらている。しばらく下り、鞍部の孟宗竹林から道は下っていく。少し行くが、様子がおかしい。そこで稜線上に戻る。果たして、本来の山道は稜線を追っていく。しかし、ここからは草に覆われ樹木が生い茂る。古いマーカーリボンがところどころある。方向を定め、草に埋もれる踏み跡を追う。用意してきた鎌を取り出し、厄介な刺のある枝やつたを切りながら進む。急坂には補助ロープがある。手入れされてしばらく歩かれていないのだろう。

切り開かれた新しい茶畑、背後は雞罩山
桜の花と花模様の石
下り気味の稜線を追っていく。12時45分、左にまだ新しい切り開かれた茶畑がある。その先も稜線は続くが道筋はさらにはっきりしない。3年前の藍天隊の道標がある。3年でこれだけ荒廃するということは、ほとんど歩かれていないということだ。茶畑からわきの農道に降りる。農道を少し登っていくと家屋がある。桜が咲いている。落ちた花弁がちょうどその下にある大きな石台に広がり花模様となっている。少し休憩をとる。

北109号県道9Kを過ぎてすぐ右の道を行く
牛角坑山三角点基石
地図上の山道は、その少し先からまた尾根を追っていく形になっているが、民家のわきにはその入口らしいものが見当たらない。そこで舗装道を下っていく。13時20分、北109号県道に出る。左に進み数分で北109号の9Kサインを見たあと、右に分かれる道を取る。道は登っていく。13時34分、五差路になる分岐の付け根に牛角坑山の三角点基石がある。右に道をとり進む。数分進むと、民家がある。門が閉まっている。その少し前に左に山道がある。これをとり登っていく。

牛角尖への登り道で見る雞罩山(左)と白雞山
壊れた作業小屋
地図上の道とこの道があっている。緩い坂を行くと、少し開け壊れた作業小屋がある。その前をさらに登っていく。道は少し頼りなくなるが、踏み跡はそれほど古いものには見えない。13時50分、舗装路にでる。この舗装路は地図上にない。道を横切ったところに、草が刈られた踏み跡がある。これを追っていくと、背の高い茅草に入る。分かれているところもある刈られた草の間をしばらく行くが、踏み跡がなくなってしまった。そこで舗装路へ戻る。

地図にない舗装路を行く
牛角尖山頂
舗装路は地図上にないので、実際の地形と照らし合わせていくしかない。先に右に進んでみる。道は山腹を下っていく。そのうち大きく左に曲がって下っていく部分で、右に道が分かれる。こちらを取っていってみるが、こちらもだめだ。そこで来た道を登り返し、先ほどの折り返し点からさらに先に舗装路を進んでみる。すると右に民家や畑が現れ、更に頂上と思われるところへ舗装路が登っていく。道を追っていくと、15時牛角尖山頂(標高708m)が現れた。頂上も舗装され車で来られる。わきにタンクがあるので、そのメンテに必要なのだろう。道探しに思わず時間を費やしてしまった。本来、さらに紅面龜山までいくことも考えていたが、帰りのバスの時間とこれからの道の状態が不明なことを考え、今日の歩きまでここまでと決める。

紅面龜山方向を望む
@牛角尖
天気がよかったこともあり、参加メンバーはかなりの数のビールを持ってきている。そこで、みんなでゆっくりと飲み休憩する。30数分の休憩後、往路を下る。下りはすべて舗装路なので気楽だ。16時5分、北109号県道にでる。交通量が少なく、ほとんど車が来ない。途中16時17分、道脇の新しい涼亭で休憩をとり、更にくだる。3Kmほどの北109号県道歩きは17時に北114号と合流して終了し、右に少し進んで插角大板根のバス停に着く。もともと便数が少ないが、次のバスまではまだ1時間以上ある。そこで、バス停すぐ後ろのホテルでタクシーを呼んでもらい、やってきたタクシーに分乗し三峽へ、そこからさらにバスで台北へ帰京した。タクシーは一台450元であった。

北109号県道を下る
北114号県道に合流
前半の白雞山や雞罩山は、道の状態もよく、数年前よりも状態はよい。後半は、想像していた通り、不人気ルートで手入れされてもほとんど歩かれていない。それなりに覚悟をして入る必要がある。今回は、牛角尖までしか行けなかったが、次回は熊空山から逆方向に縦走してみるのも良いかもしれない。車道歩きも結構あるので、歩行距離は16km、累計登攀900mである。